‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

良質な睡眠で背中ニキビを撃退

2015/08/18

背中ニキビを撃退したいと考えた時に、しっかりと意識しておきたいのが、睡眠です。
ニキビが出来る原因の一つに、新陳代謝の乱れがあります。
新陳代謝がしっかりと行われている肌の場合、毛穴に皮脂や角質が詰まった場合でも、新陳代謝の力によって、その皮脂や角質を毛穴の外に押し出していく事が出来ます。
それにより、ニキビが出来にくい肌を作る事が出来ます。
更に、ニキビが出来ていても、新陳代謝が高い肌であれば、短期間で、ニキビが解消しやすい状態となります。
ですから、ニキビの予防や対策を考えたら、肌の新陳代謝を活発にしておく事が大切です。
その為に有効なのが、しっかりとした睡眠です。
人の細胞というのは、眠っている間に分泌される成長ホルモンによって作られていきます。
眠りが浅い、眠りが短いという場合、この成長ホルモンがしっかりと分泌されず、それにより、新陳代謝が乱れ、ニキビが出来やすい状態になってしまいます。
ですから、背中ニキビが出来やすい、背中ニキビを撃退したいと考えたら、まずは睡眠を見直してみる事がお勧めです。
しっかりとした睡眠を意識する事で、肌の新陳代謝が活発になり、背中ニキビが出来にくく、出来ても治りやすい状態を作れます。

肩こりの解消で予防

2015/08/18

肩こりがひどいということは、体全体の気や血の流れが悪いことを意味しています。気の通り道は経絡となりますが、体の表面に経穴を作っています。この経穴が一般的にはツボと呼ばれ、刺激することで健康になるとされています。この効果は古代中国の時代から経験によって分かっていたものですから、迷信ではありません。経絡の理論は非常に複雑ですが、仕組みは単純です。経穴を刺激して、関係する五臓六腑の働きを高めることにあります。血行促進の効果もあるため、体全体の自然治癒力も高まります。

姿勢が悪い人は、肩回しを行いながらツボ押しをすることが大切です。重要な経穴はしっかりと覚えるようにして、常に刺激するようにします。気や血の巡りを良くすることは、漢方医学にとって根本の治療です。一般の人でも手軽に行えるものですが、経穴の位置を把握しないとうまくいきません。経穴の種類は、一般向けの書籍でも覚えることができます。

経穴を指などで刺激していれば、肩こりの症状も改善していきます。東洋医学の考えでは、肩こりを体全体の不調としてとらえるため、ニキビなどの肌荒れにも対処できます。証に合わせて経穴を適切に刺激して、本来の治癒力を復活させるのが大きな目的です。

背中ニキビ予防ができる食材

2015/08/18

夏は海やプールなので水着になる機会も多いですが、せっかくおしゃれな水着を着ても背中にニキビが出来ていてはテンションも下がってしまいますよね。ここでは、そんな背中のニキビに予防効果が期待できる食材を紹介していきます。まず、ニキビに有効な栄養素の代表として挙げられるのがビタミンB2です。肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを促し、有害な過酸化脂質を分解して過剰に分泌される皮脂を抑制する効果があります。ビタミンB2多く含まれている食材はうなぎ、レバー、卵黄、チーズ、牛乳、のり、納豆などがありますので、これらの食材をバランスよく取り入れてニキビを予防しましょう。また、ビタミンB2は脂質やタンパク質の代謝をサポートするビタミンB6と一緒に摂取することでお互いの働きを助け合う性質がある為、まぐろやかつお、鶏肉レバーや鶏ささみなどビタミンB6を多く含む食材も併せて摂ると良いでしょう。そして、ビタミンCは身体の酸化を防ぎ、ストレスを緩和したりメラニンを抑制する効果があります。ストレスによるニキビを抑制したり、ニキビ跡や色素沈着にも有効です。ビタミンCはいちご、アセロラ、レモン、ピーマン、パセリ、ブロッコリーなど果物や野菜に多く含まれているので食後のデザートやおやつとして果物を食べたり、野菜類も積極的に摂るように心がけましょう。身体の中からニキビをケアして背中美人を目指してくださいね。

背中ニキビの予防に効果的な方法

2015/08/18

背中ニキビの予防に効果的な方法といえば、シャンプーを見直すことです。髪の毛にトラブルが起こらなくても、シャンプーの成分が背中に悪影響を及ぼすことでニキビの原因となることがあります。
また、背中にシャンプーやリンスの洗い残しが残っているのがニキビの原因にもなりかねません。頭を洗った後は背中を石鹸やボディソープでしっかりと洗うように心がけましょう。背中は手が届きにくく、どうしてもお手入れが不十分になりがちなので、ボディタオルやスポンジを使って丁寧に洗いましょう。
また、通気性の悪い下着や服を身に付けていることもニキビ悪化に悪影響を及ぼしがちです。通気性が良くて毛穴に皮脂詰まりが起きないような服の素材選びをすることがおすすめです。また、汚れたパジャマで就寝を繰り返すのも要注意です。
忙しい人や汗が少ないと思われている秋冬の時期は小まめにパジャマを洗わない人もいるため、そのような場合は汚れが背中に付着してニキビになる恐れがあります。そのため予防方法として身に付ける衣類を清潔に保つという心がけをすることが重要です。そうすれば繰り返し起こる背中のニキビを改善していくことが出来るでしょう。
予防方法をいくつか実践してみて、自分に効果的な方法を見つけましょう。

背中ニキビの原因の一つ、乾燥

2015/08/18

ニキビは顔以外にも背中にも発生してしまいます。基本的な原因に考えられる要因としては、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。肌の乾燥などで、痒くなったりしてかいてしまうことも肌の角質を破壊してしまうことがあります。また、服を着ている状態であっても、紫外線にも注意が必要です。基本的な要因で上げたホルモンバランスの乱れが発生してしまうと、交感神経が優位となってしまい角質層が柔軟性を失ってしまいます。そのため角質が詰まってしまいます。特に背中のニキビは皮も薄い場所になる為、非常に悪化しやすいという特徴を持っています。また、肌が乾燥してくると要注意です。痒みにより肌を自ら悪化させてしまうことも少なくありません。悪化する前に、乾燥を防止するために、食事にも注意することが必要です。ビタミンCを多く含む美容液を使用して、肌にうるおいをキープさせておくことも必要です。肌を清潔にしておくことも大切です。肌を傷つけて炎症を起こしてしまうと悪化してしまいます。酷くなってしまうと医師のお世話になってしまいますので、日常生活で簡単にケア出来ることも多くありますので、肌を清潔に保つことをスタートとして、美容液などを使用しながら、見えない部分だからこそケアを行いましょう。

ストレスやホルモンバランスの乱れに注意

2015/08/18

美容と健康にぜったいに欠かせないことの一つとして、ストレスを溜めない生活をすることです。とはいうものの、私たちは生活して行くと何らかのストレスを経験することがあります。例えば、仕事で重い責任を担っているとか、ノルマ達成をしなければならない、部下たちを指導しなければならない、さらには仕事以外でも人間関係や金銭面でストレスを経験しているかもしれません。しかし、あまりにも自分を追い詰めるなら、ホルモンバランスにも影響を及ぼします。ホルモンバランスが崩れると、当然美容にも健康にも影響しますしニキビなどの吹き出物が出てしまいます。ニキビは身体の内側から出来ますので、外側から化粧品や美容グッズで治そうとしても完全に治すことは難しいのです。それで、顔や背中や全身にニキビが出来ていることに気づいたなら、ストレスを溜め過ぎていないかを自問してみましょう。そして、もし精神的に追い詰められていることに気づいたなら、ストレスを溜め過ぎないために上手に気分転換をはかりましょう。そして、睡眠や休息を十分にとってホルモンバランスの乱れを改善するように努力しましょう。そうするなら徐々にニキビが改善されることでしょう。

背中ニキビの意外な原因は?

2015/08/18

背中にできてしまう背中ニキビの主な原因として、食事や生活習慣の不摂生やストレスといった精神的なものを思いがちですが、これ以外にも実は、原因として考えらものが潜んでいることはご存知でしょうか。顔にできるニキビと同じようなケアをしてしまうと、なかなか治りにくいということもあるので、気をつける必要があります。たとえば、肩こりや頭痛の症状がある場合、代謝が悪く、血行不良の可能性がるため、これが原因で背中にニキビが出来てしまうことがあります。皮膚には古い角質などを体外に排出する働きがあるのですが、血行不良による、普段よりも栄養が補われにくいことによって、角質が背中に溜まりやすくなってしまいます。また、背中は皮脂腺が多く集まっている場所でもあるので、ニキビができやすくなってしまいます。普段デスクワークでイスに座り続けている仕事をしている場合、血行が悪くなる傾向にあるので、意識的に体を動かしたりすることもニキビケアには大切です。また、背中は洗いづらい部分でもあるので、清潔を保つようにしておくこともおすすめです。皮脂だけでなく、汗によっても雑菌が繁殖しやすくなりますので、しっかりとケアしていくようにしてください。

背中ニキビの原因になりやすい食材は?

2015/08/18

背中ニキビは背中の広範囲にわたってできるため、服を脱いだ時に目立つ上潰れた場合は服にシミが付いたり肌に跡が残ったりとマイナスなことしかありません。これが出来る要因には、ストレスや生活習慣といったことの他にも、食事も深く影響しているといわれています。
普段から油分や糖分の他にも香辛料が多く使われている物を多く食べていることは、背中ニキビになりやすい状態を作っているといえます。もし背中にきびができやすい自覚がある場合は、自分の食生活をもう一度チェックしておく必要があるといえるでしょう。
例えばスパイスは、食べ物の味付けに一味付け加える目的や臭み消しとして、よくスナック菓子や洋食メニューに加えられています。ところがこういった刺激の強いものは肌にダメージを与える原因ともなり、ニキビができやすい体質の方にとっては大敵の食べ物といっていいでしょう。
また糖分の取り過ぎも、お肌に必要なビタミンBを無駄に消費させてしまうことになり、ニキビを誘発してしまうことにつながります。油分も適度に摂るなら肌に潤いを与えてくれますが、過剰に摂取した場合は肌にマイナスの作用をもたらします。
スパイスや調味料は適度に使う場合は問題ありませんが、過度に摂り過ぎるのは健康にはもちろん背中ニキビにもよくありません。ニキビ肌になりやすい状況を防ぐためにも、これらの食品が多く含まれている食べ物にも十分気を付けて食べるようにしたいものです。

背中ニキビができてしまうのはなぜか

2015/06/29

背中は普段自分では見えにくい部分のため、水着や露出度の高い服を着て鏡に映したときに、驚きの状態になっていることがあります。ニキビができる部位として、顔はよく知られていますが、胸や背中にもよくできます。その理由は、それらの部位に皮脂腺が多いからです。ニキビは毛の根元部分にある毛包、または皮脂腺が炎症を起こしている状態だからです。

ニキビができる原因は、主に皮脂腺からの分泌物が過剰、毛穴の出口が角化してつまってしまう、アクネ菌が繁殖することから起こります。背中にニキビができる理由も同じようなことから起こります。それ以外の理由として、紫外線などの外部からの刺激によって乾燥状態が引き起こされた場合、背中ニキビが発生することがあります。また、石鹸成分の洗い残しが原因となっている場合もあります。シャンプーやリンス、ボディーソープなどがしっかり洗い流されずに背中にとどまることがないようにすることが大切です。他にも寝ているときにかく寝汗は背中にかきやすいということで、汗が原因となることもあります。

背中だけでなく、ニキビ全般に言えることは、食生活の乱れやストレスなどが原因で発生するので、保湿を心がけ、生活習慣を改めることも大切です。