背中ニキビができてしまうのはなぜか

背中は普段自分では見えにくい部分のため、水着や露出度の高い服を着て鏡に映したときに、驚きの状態になっていることがあります。ニキビができる部位として、顔はよく知られていますが、胸や背中にもよくできます。その理由は、それらの部位に皮脂腺が多いからです。ニキビは毛の根元部分にある毛包、または皮脂腺が炎症を起こしている状態だからです。

ニキビができる原因は、主に皮脂腺からの分泌物が過剰、毛穴の出口が角化してつまってしまう、アクネ菌が繁殖することから起こります。背中にニキビができる理由も同じようなことから起こります。それ以外の理由として、紫外線などの外部からの刺激によって乾燥状態が引き起こされた場合、背中ニキビが発生することがあります。また、石鹸成分の洗い残しが原因となっている場合もあります。シャンプーやリンス、ボディーソープなどがしっかり洗い流されずに背中にとどまることがないようにすることが大切です。他にも寝ているときにかく寝汗は背中にかきやすいということで、汗が原因となることもあります。

背中だけでなく、ニキビ全般に言えることは、食生活の乱れやストレスなどが原因で発生するので、保湿を心がけ、生活習慣を改めることも大切です。

コメントは受け付けていません。