背中ニキビの意外な原因は?

背中にできてしまう背中ニキビの主な原因として、食事や生活習慣の不摂生やストレスといった精神的なものを思いがちですが、これ以外にも実は、原因として考えらものが潜んでいることはご存知でしょうか。顔にできるニキビと同じようなケアをしてしまうと、なかなか治りにくいということもあるので、気をつける必要があります。たとえば、肩こりや頭痛の症状がある場合、代謝が悪く、血行不良の可能性がるため、これが原因で背中にニキビが出来てしまうことがあります。皮膚には古い角質などを体外に排出する働きがあるのですが、血行不良による、普段よりも栄養が補われにくいことによって、角質が背中に溜まりやすくなってしまいます。また、背中は皮脂腺が多く集まっている場所でもあるので、ニキビができやすくなってしまいます。普段デスクワークでイスに座り続けている仕事をしている場合、血行が悪くなる傾向にあるので、意識的に体を動かしたりすることもニキビケアには大切です。また、背中は洗いづらい部分でもあるので、清潔を保つようにしておくこともおすすめです。皮脂だけでなく、汗によっても雑菌が繁殖しやすくなりますので、しっかりとケアしていくようにしてください。

コメントは受け付けていません。